[WP]Slugger+プラグイン。投稿スラッグを指定できて便利。

投稿スラッグをつけましょう

WordPressにしてから、投稿スラッグを指定するように気をつけています。投稿スラッグというのは、記事ごとにつけられるパーマネントなURLのこと。明示的に指定しない場合、記事タイトルがURLエンコードされたものが使われ、分かりづらかったり、SEO的に良くなかったりします。そこで、記事を投稿する際には、簡潔な英字で投稿スラッグを指定するようにしているわけです。

投稿スラッグはブログエディタでつけたい

blog記事は、最近購入したMacBookで書くようにしています。Windowsの頃は下書きにWindowsLiveWriterを使っていました。Macではectoを薦める方が多いので、インストールして試用しています。ecto2.4.2では投稿スラッグの指定ができないようです(※見落としてるかも。間違ってたら教えてください!)そこで、WordPressにslugger+プラグインを導入しました。導入の際に参考にしたサイトはこちらです。

ちょっと言い過ぎたかもしれません(笑)が、小粒ながら素晴らしい WordPress プラグインを発見しました。
ppmweb – WordPress プラグイン「Slugger+」は天才

Slugger+ というPluginを利用して、Windows Live Writer経由で投稿スラッグまで含めて一括投稿できるかのテスト投稿です。
Pica pica – Slugger+ for WordPress plugin導入テスト

便利だけど、気をつける点もあり

このプラグインを使うと、記事中に指定した「タグ」で投稿スラッグを指定することができます。これまで、ブログエディタで下書きしてから、WordPressの管理画面で投稿スラッグを指定して公開、という手順を踏んでいましたが、このプラグインのおかげでブログエディタから直接投稿できるようになりました。
気をつける点は、一度投稿した記事をブログエディタで読み込むと、投稿スラッグが消えている点。ブログエディタで修正するときは注意した方がいいです。ブログエディタで投稿スラッグに対応してくれるまで、このやりかたで凌ごうと思ってます。

Technorati Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">